行方調査と子供の家出の理由

行方調査と子供の家出の理由

行方調査の中では「子供の家出」の割合が高くなっています。

ご相談では、こういったお悩みもあります。
「子供が家出して、居場所がわからない。早く家に帰らせたい」
「子供と連絡がつかない。捜索願を出したが、警察でもみつからない。とにかく安否を確認したい」

子供の家出では「何故、家出をしたのかわからない」ということもあります。
理由をつげない、書き置きなどもしない家出も少なくありません。

家出の理由として多いものには、下記があります。

・家庭内トラブル
家族との喧嘩や行き違いです。
家族になんらかの注意を受けて口論になった、進路や就職について意見が合わず、感情的になったなどが多いようです。
また、子供の勘違いで、家族に嫌われている、無視されていると思い込んだケースも。
家族はそれほど大きな諍いではないと思っていても、子供側が深く悩んでいることもあります。

・学校・対人関係でのトラブル
学校の友達との喧嘩、部活やサークルでのトラブル、いじめなどで悩み、家出をするものです。
家族になかなか相談できずに悩んでのこともあります。

・恋愛関係でのトラブル
交際している相手とうまくいかない、別れた、あるいは好きな人に告白したがうまくいかなかった、などです。
「恋人と一緒に暮らしたいと思いつめた」「遠距離恋愛が辛くて、相手のところへ家出をした」「交際相手やその関係者ともめていた」というケースもあります。
恋愛トラブルは思春期だけと思われがちですが、子供の年齢が低くても家出の理由になることはあります。

・進路、未来への不安
試験に落ちた、成績が上がらない、進みたい学校や職業を家族から反対された、などから、悲観的になって家出をしてしまうものです。
希望校に合格しても「期待されすぎて耐えられない」「思った学校生活と違う」と、悩まれていた方もあります。

・その他
本人は家出とは思っておらず、旅行のつもりだった、病気にかかって思いつめてしまったなど、予想しずらいケースです。
事故や事件に巻き込まれたなどもあります。

 

数日家をあけていても、メールや電話で連絡がとれるのであれば、お互い冷静になってから、問題解決に向けて話し合うようにします。

ただし、「メールの返事はあるから大丈夫」ではありません。
他人のなりすましであったり、脅されてその内容を書いている可能性もあります。
本人確認をした上で、まずは帰宅をすすめましょう。

また、家出前に本人が死をほのめかすことを言っていたり、遺書のような書き置きやメールがあるといったときは、警察に相談の上、できるだけ早く探した方がいいでしょう。

家出先がまったく思い当たらない、なかなかみつからない、急いで探したい――
こういったときには、行方調査も方法のひとつです。
行方調査・子供の家出調査ならどうぞご相談ください。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ