探偵の勤務時間・休日

探偵の勤務時間・休日

探偵は、行う調査によって勤務時間が変わります。
休日も調査日程に合わせることが多くなります。

 

例えば、浮気調査が担当であれば、調査対象と浮気相手が会うときに証拠を確保しなければなりません。
調査前に確認をして、この期間があやしいと判断されれば、調査に入ることになります。
調査対象者によって異なりますが、全体からみると、調査は金~日曜日が多くなります。

調査時間帯も調査対象者に合わせますので、午後勤務から尾行~張り込みになると、深夜、または翌日へずれこむことも。
ご依頼者様がお急ぎであれば、調査から調査報告書までをできるだけ連続ですすめます。
他にも、調査が県外であったり、関東やその他の遠距離になるケースもあります。

 

探偵の勤務時間は不規則で、終わる時間がはっきりしないことが多いものです。
長時間になったり、天候などの状況によっては、複数の探偵が交代して尾行や張り込みにあたることになります。

意外なようですが、お盆や年末年始などの長期休暇に、浮気調査が増えています。
これは、「仕事が入ったと言って家族を実家に行かせ、自分は浮気相手と会う」
「同窓会を利用しての浮気相手と会う」といったケースもあるためです。
このため、探偵は長期休みをずっと家族と一緒にいるのは難しいことがあります。

 

探偵社ごとに勤務時間・休日の取り決めは違いますが、基本、交代で休みをとる形です。
大体、週に1~2日の休みをとることが多いでしょう。
ただし、スタッフの人数、そのときの仕事量、急ぎの調査があるかないかでも変わってきます。
前もって用事があれば、その日に休みをあわせるといったこともあります。

探偵は一般の会社よりも、勤務時間・休日に大きく変動があるとお考えになって頂くといいでしょう。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ