浮気調査~ドライブレコーダーに袋井市のデータ

浮気調査のきっかけ

仕事の関係で夫婦の生活リズムは別。お互いに自由にしていた。

妻が休みの日に出かけ、帰ってくるのが遅いことが増えた。
心配だから連絡するように言っても「友達と出かけているときには連絡しづらい」と拒否。
「あなただって、飲みに行って遅くなっても連絡しないでしょ? すると鬼嫁とか言われるし」と言われた。
そうなのであきらめた。

帰宅が夜中の二時半になったときは事故を心配した。
帰宅したので、話し合おうとしたが、具合が悪いとすぐ寝られた。

気になってドライブレコーダーをチェック。
愛知の観光地に行っているはずが、静岡の袋井市のデータが残っていた。
データをコピーして戻しておいた。

今回かぎりの嘘なら見逃そうと思い、それから夫婦関係をよくしようと努力。
惨敗。あんまりかまわれると、うっとうしいそうです。

二度とかまわなくていいように会社(探偵社)を探した。

浮気調査の結果とその後

浮気相手と会う日取りがわかれがと思ったが、まず妻の休日がはっきりしない。
一回目は美容室でからぶり。
二回目は家から出なくて終わり。
三回目でやっと袋井市の浮気相手のところへ。

調査報告書を見ながら、手つなぎでデートなど、嫉妬など通り越して笑える動画を鑑賞。
離婚一択で、追加調査一回。

妻と話し合いで言い訳ぐらいは聞けるかと思ったら、あっさり離婚に同意。
生活がばらばらで冷めていたと。
妻からは慰謝料をとって離婚になった。
「仕事によるすれ違い離婚」と周囲には言ってある。

予想外だったのは、浮気相手が妻が既婚者だと知らずにつきあっていたこと。
慰謝料がとれなかったのはちょっと痛かった。

調査員より

ご指定頂いた三回の日取りで、本調査一回での浮気の証拠確保となりました。

ドライブレコーダーやスマホの位置情報などから、浮気を疑うことがあります。
ただし、それだけでは判断できませんし、その場で問いつめても、泣き落としをされたり、ごまかされてしまうことも。

よく事実関係を確認した上で、今後どうするかをお考えになった方がいいでしょう。