夫がスマホを手放さなくなり、頻繁にチェックするようになった。
最初は「仕事の連絡」と言っていたが、家族で出かけているときや夜中もチェックしている。
お風呂やトイレにもポケットに入れて持って行くようになって、おかしいと思った。

夜中にこっそりチェックしようとしたが、ロックがかかっていてダメだった。

浮気を気にするようになってから、いろいろと気がつくようになった。
休日出勤に出かけたのに、お弁当を持って行かなくなったとか、帰宅したときに石鹸の匂いがすることがあるとか。
休日出勤の手当がついていない(行っていない)し、ガソリンが大きく減っていたので、浮気相手と一緒なのだろうと思った。

家がちゃんとしていればいいのかもと思って、料理にこったり、掃除をマメにしてみたりしたけれど、夫は変わらなかった。
半年我慢したが、これ以上は無理だと思って相談した。

女子大生と付き合っていた。
会社が厳しいと言いながら、女性には会うたびにプレゼントやおこづかいを渡していた。
「パパ」と呼ばれている映像を見て、夫に完全に醒めた。

弁護士に離婚相談をして、すすめられたことをしてから夫に離婚話をした。
夫は離婚したくないとばかり。
浮気相手は会社のイベントに来ていた子で、苦学生で可哀相だったので援助をしていた、同情してしまったと言われた。
「じゃあ、それを離婚調停で言ってね」と行って、そのまま家を出て別居した。

共通の友人から「勘違いしないで話を聞いてあげて」と連絡がきたので、詳しく話したら納得された。
その後に「なんでバラすんだ!」と夫から泣き言がきた。

夫は離婚しないと言って、弁護士の連絡も無視していたが、弁護士が何日までに回答がなければ調停を起こすと実家に連絡したら、応じてきた。

離婚話をしてから四ヶ月かかったが、慰謝料をとって離婚した。

調査員より

休日出勤と言って出かけた3回とも、特定の女性と会っていました。
ホテルと浮気相手のアパートへの出入りを撮影、女性の身元確認を行わせて頂きました。