浮気の解決方法

浮気の解決方法のパターン

浮気の解決方法のパターン

浮気の証拠が確保できてからの話し合いとなります。話し合い、それ以外での法的解決として、次の形があります。

1. 離婚、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する
2. 離婚、配偶者と浮気相手へ慰謝料を請求する
3. 復縁、浮気相手に慰謝料を請求する
4. 復縁、配偶者へ慰謝料を請求する
5. その他

ドラマなどでは調査報告書を目の前にたたきつけたりしますが、そういった使い方をされることはまれです。報告書は話し合いにも重要ですし、離婚の切り札にもなります。
浮気調査報告書の使用はくれぐれも慎重に行いましょう。

1. 離婚、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する

1. 離婚、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する

「浮気からの離婚を前提に考えて調査するケース」と「浮気がわかったので離婚を決断されるケース」があります。
「離婚」は最終的な決断です。ご自身で浮気の証拠をとる、または探偵社で浮気の証拠を確認し、弁護士に相談し、その後に話し合いでの協議離婚、もしくは離婚調停などを経て、離婚する形になります。

2. 離婚、配偶者と浮気相手へ慰謝料を請求する

基本的に「1」と同じですが、浮気相手の身元がわかっていれば、慰謝料の請求ができます。浮気からの離婚として、配偶者と浮気相手、双方への慰謝料請求を行う形です。

3.復縁、浮気相手に慰謝料を請求する

配偶者とは復縁するが、浮気相手には責任をとらせたい場合、慰謝料請求の形をとります。通常、慰謝料請求の内容証明を送る形になりますが、弁護士を通しておくとトラブルになりにくいようです。
浮気の再発防止として、「今後、配偶者と会わない」という念書をとることもあります。
なお、浮気が再開した場合は、それ以後の浮気の証拠を確保することで、再度の慰謝料請求ができます。

4. 復縁、配偶者へ慰謝料を請求する

配偶者へ浮気の慰謝料を請求するものです。復縁の場合、割合としては低くなります。

復縁、配偶者へ慰謝料を請求する

別居し、配偶者を「毎月お金を運んでくれる人」と考えて生活するという選択もあります。浮気調査終了後、弁護士に相談の上、別居、調停を申し立てます。調停で和解が成立すれば生活費、養育費などが毎月支払われることになります。
有責配偶者(浮気をした側)からの離婚の申し立ては難しいものですので、子供が大きくなるまで、あるいは自分が安定するまで婚姻関係を続けていくというケースもあります。

5. その他

浮気の解決方法はケースバイケース

浮気についてはふれず、子供が成長するまで、定年退職や年金分割まで待って離婚したい場合や、離婚話をされたときの保険として浮気の証拠をもっておきたいなどのご希望もあります。
浮気の解決方法はケースバイケースです。調査報告書の使用方法で迷われたらどうぞご相談ください。
※犯罪に関わることや、反社会的な行動に関してのお手伝いはできません。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

復縁から離婚に変更するとき

配偶者と復縁するつもりだったが、浮気調後や話し合いの後、離婚に変更されるケースもあります。
例としては次のようなものがあげられます。
・浮気相手が家族、親戚、友人など、許せない相手だった
・浮気相手が未成年、セクハラからの強要等、配偶者に大きな問題があると判断した
・浮気に反省がない。責任転嫁したり、他の人を話し合いに巻き込む
・浮気相手と別れたと言ったが、影で付き合い続けていた
・浮気を子供や家族が知ることで、家庭生活がうまくいかなくなった
 等
離婚は復縁よりも準備が必要になります。離婚の話し合いの前にしっかりと準備なさった方がいいでしょう。

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

どの地域からでもお気軽にご相談ください

探偵アクト綜合リサーチはアクトタワー12Fにあります。浜松の他、磐田市、袋井市、掛川市など静岡県内、愛知県豊橋市などからのご依頼も頂いております。他地域での「出張先での浮気」「単身赴任中の浮気」「浮気相手との旅行」などでもご対応できます。
スタッフ一同、全力であなたのお悩みの解決をサポートします。

このページの先頭へ