浮気をくりかえさせたくない

浮気をくりかえさせたくない

夫・妻の浮気が発覚後、話し合って復縁した。でも、浮気をくりかえされた、あるいは浮気が不安でたまらない――こういったお悩みもあります。

浮気をくりかえさせたくない場合、「同じ浮気相手とまたつながりをもってほしくない」「別の浮気相手との浮気をさせたくない」の2つがあります。

こういったケースもあります。

「妻の浮気から再構築中だが、時々、まだ浮気ではないかと不安になることがある。浮気相手との接触をさせたくない」

「夫の浮気。話し合って浮気相手と別れさせたが、今度は違う女性と会っているらしい。浮気をくりかえさせたくない」

 

浮気をくりかえさせたくないときには、まず、浮気をやめてほしいこと、愛情や信頼関係が壊れるので、二度としてほしくないことをきちんと伝えましょう。
中には、配偶者側が浮気を軽く考えており、言われるまで反省していなかったというケースもあります。

夫婦間での話し合いでは逆ギレされる、泣かれる、逃げられるなどであれば、第三者から話をしてもらうという方法もあります。
家族や自分の父母、友人などと話すことで、ようやく浮気の重大性を理解することも。
ただし、相手と口論になってしまったり、「告げ口した」などととられることもありますので、配偶者の性格や話す相手について慎重にお考えになった方がいいでしょう。

浮気相手については、慰謝料請求を行うのであれば、同時に「今後接触しない」という念書をもらう形もあります。こちらは費用はかかりますが、弁護士経由の方が効果が高いようです。
また、浮気をくりかえした時点でその証拠をとり、再度、慰謝料請求をすることもできます。

 

次の浮気で離婚も視野に入れている場合は、「浮気は離婚につながるものである」と伝えておくことで、抑止になることが多いようです。
具体的な内容として、「浮気相手への慰謝料請求を行う」「次の浮気がわかったら、別居する、あるいは離婚する」などという形で説明しておくこともあります。

ただし、離婚するつもりがないときは「離婚」の言葉は出さないでおきましょう。
実際に自分ができること、考えていることを話すようにします。
内容については、あらかじめ弁護士にご相談しておくといいでしょう。

離婚を実際にお考えの場合は、話し合いから離婚になる可能性も考え、離婚準備を行っておくことをおすすめします。。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ