浮気と家庭内別居

浮気と家庭内別居

「家庭内別居」とは、夫婦が同居しながらも、接触を最低限にして生活を続けるものです。
「家庭内離婚」「仮面夫婦」と言われることもあります。

家庭内別居では、浮気と絡むものも少なくありません。
こういったケースもあります。

「夫が浮気をしており、なかなか浮気相手と別れない状態。でも、幼い子供のことを考えると、今は離婚したくない。最小限のことをして、今後について考えている状態」

「妻の浮気がわかった。浮気相手とは別れたが、まだ、気持ちの上から関係の積極的な修復が難しい。復縁できるかどうかを判断しかねている」

 

復縁できるかどうかの判断がつかない、まだ気持ちとして落ち着かない、あるいは離婚の準備中であるというときに、家庭内別居になることもあります。

下記のような場合に「家庭内別居」を選ばれることがあります。
・復縁できるかどうかの判断途中
・子供のことを考えたとき
(子供が幼いので離婚を回避したい、受験や進学をひかえているなど)
・家族のことを考えたとき(結婚間近の家族がいる、親の介護など)
・経済面
(住居や住宅ローン返済、借金など)
・離婚の準備期間中

家庭内別居では、復縁できなかったときは離婚として、「離婚の準備期間中」とお考えの方もあります。
「子供が成人、学校を卒業したら離婚予定」
「再就職後に離婚予定」
「退職後、年金分割を決めてから離婚」といったものです。

時期をずらしての離婚について、夫婦双方が納得しているのであれば問題ありません。
でも、いざ離婚というときに「浮気を許されて復縁したはずなのに、年数がたってからいきなり離婚と言われた。離婚に同意するつもりはない」と相手配偶者に言われることもあります。
話し合いはきちんとしておく方がいいでしょう。

また、浮気が夫婦破綻の原因であれば、できりかぎり浮気の証拠を確保し、保存しておきましょう。
「家庭内別居でお互いに納得していたはずが、浮気相手と再婚したいと離婚を切り出された」「浮気相手が妊娠、離婚をせまられた」ということも。
他にも、ご自身の方が「家庭内別居に耐えられなくなった」ということもあります。
もしもに備え、準備しておくことをおすすめします。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ