浮気相手と連絡する方法

浮気相手と連絡する方法

配偶者・パートナーが浮気相手と連絡する方法がわかっていれば、浮気調査の前にある程度の情報を集められることがあります。

昔は「固定電話」「手紙やメモ」ということが多かったようです。
現在は携帯電話とネットの普及により「携帯やパソコンのメール」「LINE」「SNSのメッセージ」などが多くなっています。
(浮気相手と実際に顔を合わせる機会が多い場合は、今もメモや口頭というケースはあります)

浮気相手と連絡するとき、固定電話は「誰が出るかわからない」「気がつかれるかもしれない」ということで、連絡自体を最小限にすることが多かったようです。
でも、メールやネットからのメッセージであれば、時間も場所も関係なく送れます。
誰かにみられるということを考えないことの方が多いようです。

実際に浮気が発覚した中では「メールやメッセージを見て浮気を知った」というケースは多いのです。
このとき、その場で配偶者を問いつめるのではなく、データのコピーや画面撮影をして、保存しておくようにしましょう。
継続して確認ができる状態であれば「次にいつ会うか」「浮気相手の身元」などを確認できることも多くなります。

他にも次のようなことから浮気を疑うようになったという方もあります。
・携帯やスマホにいきなりロックをかけるようになった
・手放さない、浴室やトイレにも持ち込む
・パソコンを使わせない、起動にロックをかけるようになった
・携帯やパソコンを使うときに一人になりたがる
・絶対にさわらせない、見せない

もちろん、ロックなどに関しては、セキュリティや仕事上の関係で、ということもあるでしょう。
でも、態度があまりにおかしかったり、気になることが続くようなら、注意が必要です。

なお、「携帯で浮気相手からと思われるメールがあった。これで浮気相手に慰謝料を請求したい」 「浮気と思えるメールのやりとりをコピーしたので、これを理由に離婚したい」とお考えになる方もあるようです。

でも、「浮気と思えるメール」だけでは、法的には浮気と判断されるのは難しくなります。
「悪戯だった」「恋愛感情はあったがプラトニックな関係だった」などと言い逃れされてしまったときに、事実証明ができない為です。

慰謝料請求や離婚をお考えの場合は、法的に有効な浮気の証拠となる「不貞行為の証拠」をとっておく方がいいでしょう。

浮気調査・離婚調査をお考えなら、どうぞご相談ください。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ