浮気から離婚するまでの流れ

浮気からの離婚までの流れはそれぞれで違いますが、大きく次の3つに分けられます。

浮気から離婚するまでの流れ

・協議離婚

夫、妻の浮気がわかったので、話し合い、離婚を決めた形です。
親権、養育費などは弁護士を入れて話し合うこともあります。

話し合いで離婚できる場合でも、離婚後のトラブル防止に「離婚協議書」を準備することをおすすめします。

 

・離婚調停後に離婚

夫、妻が浮気を認めない、あるいは離婚を拒否している、子供の親権を双方が希望して譲らない、養育費でもめている――こういったことから、話し合いで離婚が進まず、「離婚調停」になった形です。

離婚調停では、浮気の証拠である不貞行為の証明が必要になります。
その他、暴力・暴言、生活費を入れていなかった、家事放棄、外泊や家出、ギャンブルや浮気による借金など、離婚につながる有責があれば、その証拠も準備し、説明できるようにしておきましょう。

 

・裁判離婚

離婚の話し合いができず、離婚調停になったが離婚を拒否する、離婚条件でまとまらないというときは、裁判になることもあります。

ただし、裁判まですすむのは、割合としてはかなり少なくなります。
浮気の証拠があり、有責がはっきりしていることで、裁判結果が不利と予測されるときは、裁判へ進むことが減る為です。

裁判では、法定離婚原因を立証する=不貞行為の証明が不可欠です。
有効な浮気の証拠をとっておくと共に、弁護士と相談なさった上ですすめられた方がいいでしょう。

 

浮気から離婚を希望する場合、浮気の証拠は不可欠です。
離婚希望の条件を通し、できるだけ短期間でまとまるよう、離婚準備はしっかりと行いましょう。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ