浮気と風俗について

夫・妻の浮気調査・離婚相談では「風俗」に関するものもあります。

浮気と風俗について

次のようなお悩みもあります。

「夫が風俗店に隠れて行っていることがわかった。もう信用できなくなったので別れたい」

「夫の服から、風俗店のクーポンが出てきた。生活費も出さないことがあり、これを理由に離婚したい」

「妻が出張ホストを使用していた。夫婦としてやっていけないと思うので離婚したい」

「配偶者がいるのに風俗は許せない」とお思いになる方も多いと思いますが、「風俗」=「法的な浮気」にはなりません。
この為、これだけでの離婚、有責の追及は難しいものです。

また、相手の異性はお店に勤めている形であり、責任追及ができません。
ただし、店外で相手と交際しており、法的な浮気(不貞行為)の証拠があること、その上で、相手が既婚者であると知っていたと証明できる場合は、慰謝料請求が可能です。

「酔っていて判断がつかずに店に入った」
「友達に強く誘われて、つい行ってしまった」
このように配偶者が主張するときは、離婚調停でも、調停員から復縁をすすめられることが多くなります。

逆に「風俗店に長期間、繰り返し行っていた」
「生活費を使い込んでいた」
「夫婦や家族の預貯金に手を付けていた」
「お店以外でも関係があった」などがあれば、事実を証明することで、「夫婦関係の修復が難しい」として、離婚理由になることも多くなります。

証拠がどのぐらいあるか、悪質と判断できるか、期間などで変わってきます。
離婚を希望する場合、確かな証拠をとり、弁護士さんに相談の上、準備をなさることをおすすめします。

いつでもどこからでもご相談頂けます

ご相談は完全秘密厳守、匿名でもご相談頂けます。お気軽にご利用ください。
お電話でご相談LINEでご相談メールでご相談

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせ・お見積無料

お急ぎの方はお電話でのご相談をどうぞ。年中無休・24時間受付、携帯からもご利用頂けます。
探偵社アクト綜合リサーチへの調査お問い合わせ

このページの先頭へ